タペストリーの印刷用データの作り方

タペストリーの印刷用データの作り方

タペストリーの印刷用データの作り方のご案内。データご入稿頂き当店で修正可能な修正につきましては修正の対応をさせて頂いております。ご不明な点などございましたらお気軽にお申し付けください。

印刷用のデータの基本

タペストリーの印刷用データ作成はillustratorで作成を推奨しております。いくつかの良く出るタペストリーサイズのテンプレートをご用意しております。デザイン制作の際にご活用ください。

原稿を作る

タペストリー原稿イメージ

タペストリーの原稿を作成する際は[商品サイズ]と[印刷可能範囲]と[塗り足し]に注意して作成ください

タペストリーの塗り足し
タペストリーの塗り足し

タペストリーは上下に袋縫い加工を行います。パイプなどを通した場合袋縫い加工部分が膨らみます。この際に[塗り足し]が無いと表から見た時に白色(幕の生地の色)が見えてしまいます。袋縫い加工は原寸[ご注文サイズ]より長く後ろに伸ばす生地分、約40mm程塗り足しをお付けください。

印刷可能範囲
タペストリーの印字範囲

印刷自体はご注文サイズ内でしたら可能ですが、タペストリーは上下に袋縫い加工を行い、パイプを通しで使います。その際袋縫い加工部分はパイプの分膨らむので文字などの切れては困る文章やロゴなどを入れると読めなくなってしまいます。通すパイプの太さによって範囲は変わりますが当店の基本セットの塩ビパイプ直径18mmの場合は約40mm程袋縫い加工に必要となります。 可読させたい内容は上下より40mm程内側に記載ください。

配置画像

タペストリーの原稿内に画像を配置される場合は原寸で150dpi~200dpiの解像度の画像を配置ください。通常の紙媒体の印刷物とは異なる為、これ以上の高解像度の画像で配置頂きましても高精度な出力にはなりません。また、大容量の画像は印刷できない為、低解像度へ変換しての印刷となる場合がございます。

デザインデータのデータセルフチェック

作成されたデザインデータをご入稿される前に、印刷に適したデータになっているか下記ページよりデータチェックをお願いいたします。データに不備がある場合、再度ご入稿頂く場合がございます。再度ご入稿で納期がズレたりする事を防ぐ為出来るだけデータチェックにご協力ください。

商品別印刷用データ作成ガイド
ご不明な点など、お気軽にお尋ねください