交通安全旗の生地を見直して両面印刷が可能に!

この度、交通安全旗に使用している[黄色地ターポリン]をリニューアルしました。

当店の交通安全旗の生地は屋外でも長くご利用いただけるターポリン素材で作成しています。ターポリン生地とはビニール系の素材で、一般的には白地の素材となります。

黄色地ターポリン1
黄色ターポリン生地

交通安全横断旗で使用していた[黄色地ターポリン]は素材自体に黄色の着色を施した色褪せない素材を利用していました。

これはポンジ生地で作る安価だけど屋外で使うと耐久の問題ですぐにダメになる交通安全旗とは違い、丈夫なターポリン素材だからこそ印刷の色褪せなどが少ない、より長い間お使いいただけるよう、高耐久の交通安全旗をご提供していました。
※ポンジを屋外で使う場合使用状況にもよりますが耐久は3か月~6か月程度と言われています。

ただ、[黄色地ターポリン]は素材の特性上裏面への印刷が出来ず片面の表現しか出来ませんでした。

とても多くの方からご要望頂いた両面印刷対応の交通安全旗

そこで、長く使えるターポリン素材かつ“両面印刷可能”な素材の交通安全旗にリニューアルいたしました!

交通安全旗の両面印刷
印刷テストをして屋外に設置してみた!
印刷テスト
電柱幕の印刷テスト:7年経過

リニューアル後のターポリン素材は生地は白色ですが、高耐久のインクを使用する事で3~5年程度の色褪せ耐久があり、長くお使い頂ける交通安全旗となっております。
電柱幕としての印刷テストとはなりますが、実際に2015年の5月にテストとして設置したターポリンが2022年11月現在で色褪せなどはありませんでした。
※設置される環境などによって耐久・色の劣化などの具合は異なります。実験結果は必ず色褪せない事を保証するものではございません。

交通安全旗の生地の比較
黄色ターポリンの交通安全横断旗
黄色ターポリンの交通安全旗印刷
両面ターポリンの交通安全横断旗
リニューアルした交通安全旗の印刷

黄色地ターポリン素材は裏にうっすらと表面の柄が透けて、裏面は無地(黄色)となっていますが、リニューアルした交通安全旗の生地は[遮光]タイプの生地を利用する事で裏面へ柄が透ける事が無く、裏面に違う柄を印刷してもしっかり表示されます。

リニューアルした交通安全旗は裏面の印字タイプを3種類ご用意しました。
交通安全旗の印刷タイプ
  • 裏面は印刷無しで[裏面白色]の表現。一番安価に作れるタイプ
  • 裏面を黄色1色で印刷、見た目は従来の黄色ターポリンの交通安全旗と同じ表現の[裏面黄色]
  • 裏面にも柄を印刷して[両面柄面]タイプ。表と裏で違う柄の表現も可能です。

色の表現がよりクッキリ!

交通安全旗 印刷比較

新しい交通安全旗の印刷は従来の黄色ターポリンと比べて白地に印刷する為、カラー印刷の色がくっきりした色での表現が可能となりました。
元の黄色地ターポリンと比べて、生地の黄色が透ける事なく表現可能なので白色の印刷もキレイな表現が可能となっています。

実際に比較してみると色表現の差はハッキリ。

生地変更による交通安全旗の重さの違い

交通安全旗の生地を変更した事による旗の重さの違いですが、結論からいうとほとんど変わりはありません。

交通安全旗の重さ

[実際に旗部分の重さを計測した結果]持ち手のポールの重さは計測していません。

  • レギュラーサイズ 58g⇒61g 【約3g増】
  • ラージサイズ 93g⇒98g 【約5g増】
  • XLサイズ 128g⇒138g 【約10g増】

若干ですが重たくはなっていますが体感で感じれる程ではありませんでした。
※数ミリのずれで旗の重さは変わる為、計測はあくまで目安となります。

交通安全横断旗のサンプルもあります

リニューアルして高耐久はそのままに、キレイな発色に両面印刷も可能になった交通安全横断旗。実物サンプルの貸し出しも行っておりますので是非一度手に取って品質をお確かめください!

実物、交通安全旗サンプルの無料貸し出しお問い合わせはこちら