激安横断幕・懸垂幕・タペストリー制作・印刷の事なら“たれまく” > 画像解像度について

画像解像度について

解像度(dpi)とは

「写真をプリントしたらぼやけている」
「カクカクしていて細かいモザイクのようになっいる」

と思ったことはありませんか?
これは「解像度」が低いことが原因です。

印刷の際に、画像データの解像度はとても重要です。
通常、Web用の解像度は72dpiですが、印刷用の解像度は300dpi以上が必要です。
モニター上で見比べても大差はないように見えますが、実際に印刷してみると解像度72dpiの画像はぼんやりしていたり、カクカクになってしまいます。

1インチ(2.54cm)の長さに何個のピクセル(ドット・画像を構成する1個1個の画素)が入るかという密度になります。
ピクセルは四角の点(正方形)です。解像度が高い(350dpi)と小さな四角い点の集まりで、滑らかに見えますが、
解像度が低い(72dpi)と四角が大きくなるためカクカクした部分が見えるようになり、画像が荒れて見えます。
また、解像度が350dpiデータであっても、サイズが5cm×5cmの小さい画像を50cm×50cmに引き伸ばして印刷すればキレイに印刷ができません。

解像度200~350dpi 画像サイズは原寸サイズのデータをご入稿下さい。

お見積り・お問合せはコチラ

ページの先頭へ

〒639-0232 奈良県香芝市下田東1-317-4
TEL:0745-70-5840  FAX:0745-70-5841(土日祝はお休みです)
メールアドレス:info@b-banner.net

Copyright©2018横断幕・オリジナルタペストリーの印刷専門店 たれまく ベリー All Right Reserved.